シロアリとゴキブリ。シロアリとベイト工法。・・・など雑談


シロアリとゴキブリ
シロアリは生物の系統からみると、ゴキブリに近いのだそうです。アリはハチのグループに属するようですので、シロアリとアリの生物的な遠さが分かります。シロアリもゴキブリも嫌われものの代名詞みたいなものですね。嫌われ具合からみてもゴキブリとシロアリは近いかもしれません。

シロアリとベイト工法
シロアリ防除にベイト工法という方法があるようです。シロアリの駆除剤を入れた餌をシロアリに食べさせて、シロアリの集団を退治するというものだそうです。薬剤を床下に散布する工法とは異なり、薬剤を最小限にしてシロアリを退治するもののようです。シロアリ退治のために使う薬品が少ないことはいいことですね。

シロアリに殺虫スプレー
シロアリにも効く殺虫スプレーが売っています。シロアリに対して、この殺虫スプレーだけで対応できるでしょうか。スプレーが届く範囲なら、シロアリを退治することができるのでしょうが、木材の中にいるシロアリには、殺虫剤が届かないでしょうね。シロアリにも効くという殺虫スプレーを見ながら思うのでした。

シロアリの気まぐれ
シロアリは必ず出るというわけではありません。逆にシロアリ対策しても、シロアリが出る場合もあるようです。シロアリも気まぐれですね。運がよければ、ほとんどシロアリ対策をしていなくても、シロアリの被害を受けないこともあるようです。シロアリの被害を受けた人からみると羨ましいですね。

シロアリの女王
シロアリの世界もアリ同様に女王がいます。女王は、その生涯でたくさんのシロアリを産み落とします。シロアリの女王は、シロアリ社会の中心的存在です。シロアリの職蟻も、兵蟻も、次世代の王や女王も、全てのシロアリがこの女王から生まれます。シロアリの社会って大きな家族なんですね。

シロアリ



気になる記事ピックアップ

シロアリの発覚は羽アリから。シロアリと変態。・・・など雑談
シロアリの発覚は羽アリからシロアリを見つけるとびっくりします。シロアリの発見は多くが最初は羽ありだと思います。羽アリがたくさん出現することでシロアリが発覚するというパターンが一番のようです。地域にもよりますが、羽ありの頭部に小さい黄色があれば、ヤマトシロアリに間違いないでしょう。羽アリを見たらチェック.....

シロアリを英語で。シロアリの数え方。・・・など雑談
シロアリを英語でシロアリを和英辞典で調べたら「white ant」と書かれていました。生物的にはシロアリは「ant」ではないようですが、言葉としてはシロアリは「white ant」で通じるのでしょうね。シロアリは、英語圏でも、白いアリに見えたのでしょうね。シロアリの命名の発想って、英語も日本語も言語によらず同じだったようです。シロアリの数.....

日本のシロアリ。シロアリの弱点。・・・など雑談
日本のシロアリ日本のシロアリは20種類以上いるようです。結構いるものです。そのうち、建物に被害を与えるシロアリは、イエシロアリやヤマトシロアリと呼ばれるシロアリがほとんどのようです。建物に被害を与えないシロアリもいるようです。シロアリにもいろいろです。シロアリによって結構特徴や習性も違うようです。シロア.....

シロアリの役割分担。シロアリとゴキブリ。・・・など雑談
シロアリの役割分担シロアリはものすごい数で生活する虫です。そんな集団で生きるシロアリにはいろいろな役割分担があります。まずは、シロアリを生み出す、女王や王です。そして最も個体数が多いといわれる、働きアリ。働きアリはシロアリが生きていくための多くの仕事をこなします。そして、兵アリ。外敵と戦う兵アリですね。.....

小さいながらシロアリは大変。シロアリの蟻道さがし。・・・など雑談
小さいながらシロアリは大変シロアリって一頭一頭はものすごく小さいのですが、集団になると、家を台無しにするほどの威力があります。シロアリはものすごい数ですからね。対策も大変です。小さいながら数で力を持つシロアリです。一頭一頭を相手にしても埒があきません。対策は自ずと、シロアリの集団を相手にしたものになるんですね。

シロアリかな?

シロアリ/シロアリ対策雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- シロアリとシロアリ対策のこと. All rights reserved