シロアリの分布。シロアリの進入。・・・など雑談


シロアリの分布
建物に害を及ぼすシロアリの分布状況を見ると、ヤマトシロアリとイエシロアリがほとんどを占めるようです。中でも、ヤマトシロアリはほぼ全国的な広がりを見せています。ヤマトシロアリは、名前にヤマトが付くだけあって、日本の気候に合致したシロアリなのでしょうね。シロアリだけに、あまり嬉しくないですが。

シロアリの進入
ヤマトシロアリやイエシロアリなどのシロアリの家への侵入は、地中を通って、やってくることが多いようです。ですので、地中からのシロアリの進入を阻止することも、シロアリ対策で重要な対策の一つのようです。まずは、家にシロアリを侵入させないことが一番ですね。

シロアリは冬も活動
シロアリは冬も活動しているそうです。シロアリは冬眠しないんだそうです。そうすると、もし家にシロアリがいる場合は、冬も関係無く、家が食べられ続けているということでしょうね。困ったものです。家につくシロアリのオールシーズンな活動は、家のシロアリによる食害は休む間もなく、進むことを意味しますよね。

マイホームの敵
マイホームを脅かすのは、シロアリだけではありません。健在の腐朽や、コンクリートのひび割れ、傾き、ゆがみなどは、軟弱地盤や施工不良などによっても起こるようです。マイホームの買いものは、一生に何度もあるようなことではないですので、よく勉強することも大事かもしれませんね。

シロアリの兵蟻
シロアリには兵蟻という階級があります。兵蟻は、特徴的な形をしているので、とてもわかりやすいシロアリです。頭や顎が大きいです。このシロアリの兵蟻は、自分では栄養を摂る事ができないようで、シロアリの職蟻に食べさせてもらうようです。頭が大きすぎて身動きできないのでしょうね。シロアリの兵蟻もつらいですね。

シロアリ



気になる記事ピックアップ

羽アリは2%。シロアリの気まぐれ。・・・など雑談
羽アリは2%ヤマトシロアリの駆除に来た作業員に聞きました。なんと、外に出てくるヤマトシロアリの羽アリは2%なんだそうです。ということは、見えないところには、出てきた羽アリのほぼ50倍のシロアリが隠れているということですね。まさに、羽アリはシロアリの氷山の一角です。適切な対策が必要ですね。シロアリの気まぐれ.....

シロアリの社会。シロアリの防除。・・・など雑談
シロアリの社会シロアリは集団で生きる虫です。ですのでシロアリには、シロアリの社会が形成されているようです。シロアリは女王と王を中心とした社会のようです。シロアリの社会には、働きアリや兵アリなどの役割分担があるようです。シロアリの社会では、女王や王に何かが起こると、副女王や副王が現れたりするようです。シロアリの防除シロアリの防.....

シロアリに関する団体。シロアリの日。・・・など雑談
シロアリに関する団体シロアリに関する団体に、建築物のシロアリ被害および腐朽を防止する目的の、40数年の歴史をもつ「日本しろあり対策協会」という社団法人があります。「しろあり防除施工士制度」「蟻害・腐朽検査員制度」などなど、シロアリに関するいろいろな活動をしています。シロアリの日.....

シロアリの通る道。シロアリの分布。・・・など雑談
シロアリの通る道シロアリは、外気や光が苦手なのでシロアリは外を出歩くことができないようです。ですのでシロアリが移動するときは、木などのトンネルの中や、蟻道と呼ばれる、道を作りながらシロアリは移動するようです。シロアリがいる建物では、基礎や土台などをよくみると、蟻道を見つけることができるかもしれません。.....

シロアリを英語で。シロアリの羽アリをみつけて。・・・など雑談
シロアリを英語でシロアリを和英辞典で調べたら「white ant」と書かれていました。生物的にはシロアリは「ant」ではないようですが、言葉としてはシロアリは「white ant」で通じるのでしょうね。シロアリは、英語圏でも、白いアリに見えたのでしょうね。シロアリの命名の発想って、英語も日本語も言語によらず同じだ.....

シロアリかな?

シロアリ/シロアリ対策雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- シロアリとシロアリ対策のこと. All rights reserved